北の国から

お届けする雑記

洗顔用泡立て器「あわわ」を使ってみた。【レビュー】【使い方も】

目次

はじめに

 (*↓以下読み飛ばしてもかまいません)
普段某100均でバイトしているんですけれども
そこで「ほいっぷるん」という商品について聞かれまして
在庫もないし見た目からなにをするものなのかわからなかったので調べてみたら
この記事で紹介する「あわわ」という 商品の類似品だとわかりました。
気になって仕方がなかったのでLOFTに行って本家を買ってきたので
レビューしてみます。
(*↑読み飛ばしていい箇所おわり)

「あわわ」ってなに?

  洗顔ネットより約7倍きめ細かい泡「マイクロバブル」がたった20秒で作れる泡立て器だそうです。
プラスチック製で若干チープな感じがしますが税込1080円になります。
色はピンク、ブルー、ホワイトの3色展開です。   

f:id:jhoo:20160813233930j:plain

 

f:id:jhoo:20160812182045j:plain

私は白にしてみました。 

 

 使い方

 その1

f:id:jhoo:20160812182053j:plain

ふたを外し、 内側に刻まれている線を目安に水を入れます。
水を少なめにするとより弾力のある泡ができて、
水を多めにするとゆるめの泡ができるみたいです。

今回は少なめにしてみます。

 

その2 

f:id:jhoo:20160812182101j:plain

固形石鹸または洗顔フォームをふたの下部に付けます。
固形石鹸は10回ほどこすりつけ、
洗顔フォームの場合、普段使う量を出します。

洗顔用の固形石鹸を使ってみます。

 

 その3

f:id:jhoo:20160812182107j:plain

 ふたを本体にセットして約20秒ほど棒を上下に動かします。
最初はこきざみに、泡が出来てきたら大きく動かします。

少し泡ができてきました。

 

f:id:jhoo:20160812182121j:plain

 泡がたくさんできました。
このように上のすき間から泡があふれて出てきたら完成です。

 

f:id:jhoo:20160812182128j:plain

 完成した泡を取り出して手のひらに乗せてさかさまにしてみました。
落ちない!マイクロバブルフォーマーの名に偽りはない!

泡の表面で洗えて肌にもよさそうです。

 

f:id:jhoo:20160812182140j:plain

 (レトロな扇風機と泡)
10円玉を乗っけてみました。
やや沈んでいますが、まだ表面に留まっています。
濃密泡!

 

 その4

f:id:jhoo:20160812182202j:plain

 後片付けです。
本体からふたを外しタオルの上に乗っけておくと衛生的に乾きます。

 

 使ってみた感想

 最初に説明書を読んだときはこんなに作業しなくちゃいけないのかい、めんどくせぇって思ったんですが実際使ってみると結構簡単でした。

でもさすがに20秒で作れたような気はしなかったので、手早くつくるということだったらやはり泡立てネットに軍配が上がると思います。

作業自体は苦でなくむしろ楽しかったので
お風呂場に持ち込むと時間に余裕がある時だったら
バスタイムが楽しくなるのではないでしょうか。

泡に関しては、これで毎日洗っていたらつるつるになるだろうなってくらい濃密なものがつくれます。

 

 まとめ

美容の基本は化粧で盛ったり、隠したりすることの前にスキンケアだと思うので肌の手入れに力を入れたい方は買って損のない商品だと思います。

ただ、忙しい朝などはやはり作るのが面倒だと思うので
朝は洗顔ネット、夜はあわわ、という風に使い分けるといいと思います。

1000円分の価値はある商品だと思いました。
おすすめです^^
興味のある方は買ってみてはいかがでしょうか。

 

 

それでは^^